刈羽黒姫山 (890m)

駐車口から登山口への林道 折居登山口
杉林 尾根道
尾根道 尾根道
山道 尾根から黒姫山を望む
細尾根 細尾根
クサリ場 細尾根の奥に米山
ブナ道 山道
山道 山道
山頂部の稜線
山頂手前 黒姫山山頂
山頂から守門、越後三山、巻機山、苗場山
米山
スモモの受粉 ミツガシワの群生地の下池から黒姫山を望む
2017/4/23
駐車口--折居登山口-----黒姫山山頂-----折居登山口--駐車口
10:25   10:30        12:05(12:15)               1:30

10年ぶりに黒姫山へ出かけた。
柏崎方向からR353を進み上向へ左、右と思いだしながら駐車口に到着。
2台止まっていてそのうちの1台の車のドアに「mont,◇bell」のロゴがあった。
駐車口から折居川沿いに林道を歩く。右手の棚田の畔には沢山のフキノトウが出ている。
前方に黒姫山も良く見える。
折居登山口につく。
この登山口付近に昨年6月クマが目撃されている。
いちよう見渡す。
網鉄橋を渡り杉林へと登って行く。
そして新緑の雑木林の尾根を歩く。
ショウジョウバカマ、カタクリが続く。
ブナの多い雑木林は残雪も現れる。
標高600m付近の細尾根からは雪割草が沢山咲いていた。
両サイド切れ落ちたクサリ場の極細尾根を慎重に進む。
渡りきり振り向くと細尾根の先に米山が良く見える。
右手奥には弥彦山もみえる。
雪斜面の木々の新緑はまだのようだ。
ブナ林の残雪歩きは気持ちがいい。
上部の稜線に小屋が見えてきた。
ひと登りして小屋のたつ山頂に到着。
山頂には別ルートから登ってきたグループが昼食タイム。
山頂から越後の山々が広がっていた。
少し下った、ブナ林の中でコーヒーをたのしんだ。
下山は残雪、新緑と気持ちよく下る。
駐車口にくると地元の人が長い棒で木をたたいているように見えたので「なんですか」と尋ねると
スモモの受粉をしているとのことで実がはいるのが7月ごろとか。
花やイノシシ、クマの事など話の後に「すぐそこの池に行ったか」と言うので聞くと、そこはミツガシワの
群生地とのことで、花はまだのようだが行って見た。
田んぼの反対側に下池が広がり黒姫山をちょうど望めた。