多宝山  (633m)

登山口 山道
小滝 山道
奥に滝 滝のクサリ場
斜面道 斜面道
斜面道 斜面道
斜面道 銅山抗
尾根道 スカイラインに合流
弥彦山電波塔 高頭仁平衛翁碑
信濃川 奥に佐渡ヶ島
白山~粟ヶ岳
大岳
多宝山 多宝山山頂
北側尾根 北側尾根
北側尾根 渡り山道に合流
2018/12/16
田ノ浦駐車場--登山口--田ノ浦コース--多宝山山頂--北側尾根--登山口--駐車場
10:15                        12:02                     13:15

駐車場右手の沢で10人くらい何か?をとっている。
登山口に入るとジャリがひかれ登山道に手がはいっていた。
右手の沢、小滝を見ながら砂防堤を渡り沢沿いに歩き滝下につく。
滝の横をクサリでよじのぼり滝の上へとでる。
少し歩き斜面へととりつく。
ジグザグに登りトラバース道となると昨年の大雪と強風の影響であろう
山道、斜面と倒木がかなりめだつ。
以前、私はここを冬場、よく登りにきていたが、この状況は積雪期はかなり危険に思える。
銅山抗から尾根歩きとなる。
右手に多宝山が見える。
ひと登りしてスカイラインへと出て車道、展望駐車場をよこぎる。
海岸ぞいの登り口と日本海の沖の佐渡も良く見える。
大平へと登り高頭仁平衛翁碑で少しコーヒータイム。
弥彦山の10本の電波塔、蛇行する信濃川。
真っ白な飯豊連山から粟ヶ岳、巻機山がよく見えた。
スカイラインは春まで閉鎖しているのでとても静かである。
多宝山へのぼりかえし山頂到着。
テントが一張あった。 天測柱を触れて下山。
ちょうっと、わかりずらい北側尾根の入口へと入る。
山道は明朗ではな、くけもの道のような状態でグングン下る。
砂防堤の少し下流の所から左岸へ渡り山道に戻る。
駐車場に到着。