八石山   (518m)



善根神社 八石山登山口(久之木) 御堂平
沢添えに群生して咲く花 右八石山と左八石山の分岐点 右.八石山山頂

1999/6/5   くもり     22°
善根神社−久之木登山口−右.八石山  − 久之木登山口−善根神社
8:20   8:35       9:30(9:40)  10:20     10:30

    寺泊からR402−R352−R116−R8−R252にて久之木へ。
    善根神社を探すのだがわからず,どうもドーロマップと道が違うのである。
    地元の人に道を尋ねたら新しく道ができたので私が見ていた3年前の地図では分かり難かった
    みたいである。
    神社を参拝して左手の道を進んだ。
    田んぼの中には小さなオタマジャクシが沢山泳ぎまくっている。
    15分位歩いた所で登山口の看板が立っていた。
    右手は沢沿いに屏風滝,私は左手の山道へ。
    杉林をぬけると山道脇には,へびいちごが実っている。
    山道右手は沢に深く落ち込んでいる。
    草が生い茂っているので見た目は恐怖感はないが,非常に危ない。
    山道は梅雨に入り草が茂って時々道跡が無くなるほどである。
    梅雨そして雨上がり,非常にむしている。
    虫,鳥,トカゲ達が活発に動き回っている。
    これらを気にしているとちょっと歩けないほどであった。
    御堂平は藪から突然,広場がひらけた変わった空間である。
    ロープが張られた急な登りが2ヶ所過ぎたところが山頂であった。
    山頂はわりと広く立派な展望所と電波塔があり,今日は雲で視界はきかないが,360°展望
    が期待できそうである。
    しかしクマバチが10匹くらい飛び回っていて,すぐに下山した。
    途中,山道から沢奥まで黄色い花をつけた草が群生していた。
    今回の山歩きではだれも人に会うことはなかった。
    神社に到着。 ちょっと薄日がさしてきた。

    大崎海水浴場近くにある”雪割草の湯”で汗を流した。    入浴料500円
    名前も湯もとてもよかった。